無添加キャットフード

ほとんどのキャットフードに添加物が入っている現状

無添加キャットフード

 

ドラッグストア、スーパー、ホームセンターに売られている安価なキャットフードは、ほとんどに添加物が入っています。
無添加のキャットフードを探すほうが大変なくらいです。

 

猫にとって添加物の問題

食品添加物が使われるようになってからまだ歴史が浅く、どのような影響が出るのか、正直って明確なところはわかっていません。
しかし、人間が食べる食品にも添加物が多く含まれ、何となく「病気になりそう」「私たちの世代は長生きできなそう」と感じる方もいるのは事実です。

 

猫は人間よりも体が小さく、キャットフードに含まれる添加物の影響を早く受ける可能性があります。
添加物といってもビタミンCやビタミンEのように、天然の酸化防止剤を加えている製品もあるのです。
すべての添加物が悪者というわけではありません。

 

飼い主にとって無添加のキャットフード

無添加のキャットフードを選ぶ理由は、飼い主さんが「安心だから」です。
猫は体が小さく影響をうけやすいため、無添加に拘りたい気持ちはわかります。
今では猫は家族同然ですから、人間の食事のすべて無添加にできなくても、せめて猫の食事だけでも・・・と考えるのは当然のことです。

 

「1日でも長く愛猫と一緒に過ごしたい」と思うなら、猫に少しでも影響を与えそうなものは排除する考えは当然だといえます。

 

無添加キャットフードのデメリット

無添加のキャットフードが猫にとっていいとしても、価格は高くなります。
それにスーパーやドラッグストアでは手に入りにくく、通販を利用しなければなりません。
ペットショップで扱うところもありますが、自分が欲しい銘柄があるとは限らないでしょう。

 

無添加のキャットフードは与える量が減る

無添加キャットフード

 

無添加のキャットフードは、猫本来の食事を基本としたものが多くあります。
そのため、たんぱく質を主原料にし、食べる量を少なくできるメリットがあるのです。

 

ネズミや昆虫を食べる猫

猫はたんぱく質を主食として食べる生き物です。
野生で生きる猫は、ネズミ、小鳥や昆虫などを食べています。
そのため、一度に食べる量は意外と少なく、何度も小分けにする性質があるのです。

 

たんぱく質が多いと食べる用が少なくていい

実は無添加キャットフードを与えると、1日に与える量が少なくて済みます。
一般的にキャットフードは800g与える必要があるのです。
その理由は、猫にとって消化が苦手な炭水化物がメインとなっているためです。
消化できなければ栄養を補給できず、猫にとっても満足できない食事となるでしょう。

 

一方で無添加キャットフードは、たんぱく質をメインとしています。
猫はたんぱく質の消化が得意で、少量でも体に必要な栄養素が補給できるため、猫も少しの量で満足できるはずです。
猫がガツガツ食べるのは、必要な栄養が足りていないと判断してください。

 

ウンチの量も少なくなる

無添加キャットフードを与えると、消化吸収がしやすくなりウンチの量が減ります。
飼い主さんの中には「毎日大量のウンチをするのが当たり前」と思っているかもしれません。
実は、ウンチが多いということは、未消化のものが多いのです。
猫にとって消化吸収がしやすいたんぱく質の量が多いフードなら、ウンチは少なくなります。

 

無添加キャットフードは猫にも飼い主にも負担が少ない

無添加キャットフード

 

結局、無添加キャットフードは、猫にとっても飼い主にとっても負担がありません。

 

猫に必要な栄養がとれる

炭水化物ばかりのキャットフードでは、猫にとっての栄養が足りません。
とくにたんぱく質が不足してしまうため、猫も食欲が増して食べ過ぎてしまうのでしょう。
動物が肥満になるのは、人に飼われているときだけのはずです。
安いキャットフードは炭水化物でかさまししているため、猫にとって栄養が不足し食べ過ぎてしまうのです。

 

猫の免疫力がアップする

猫に必要なたんぱく質が摂取できていると、猫の毛艶が良くなります。
免疫力も高くなるため、猫が健康で長生きできるようになるでしょう。
実は、免疫細胞もたんぱく質で構成されているのです。

 

1日に与える量が少なく買いやすい

無添加キャットフードは、猫に与える量が少なくて済みます。
重いキャットフードを毎月買わなくて済むのです。

 

page top