チキンミールとは

チキンミールを知ると怖くなる

チキンミールとは

 

キャットフードの原材料を見ていくと、「チキンミール」という言葉を見かけます。
明確な基準はないのですが、鶏肉の血液、羽、足、糞、内臓などを混ぜ合わせたものです。

 

人は鶏もも肉・鶏むね肉などしか食べないため、羽や足まで入っていると考えると、びっくりされてしまうでしょう。
しかし、猫はもともと生き物を丸ごと食べる動物ですから、鶏肉のトサカや足が入っていても不思議ではありません。

 

悪質な材料もあるチキンミール

チキンミールの何が悪いのかというと、悪質な工場で加工されたチキンミールがあるということです。
自社で厳重に管理しながら、鶏肉を加工するメーカーは少なくなっています。
加工する工場では何もチキンミールだけを扱っているわけではなく、いろいろな動物も加工しているのです。

 

問題となるミートミール

チキンミールを扱う工場でミートミールを加工していると、悪い材料が混入しているかもしれません。
ミートミールはさまざまな面で人や猫が食べられる材料ではないのです。

・死亡した家畜が含まれている
・車にはねられた野生の動物たち
・保健所で安楽死された動物

 

このように病気した肉も含まれている可能性があるため危険性が高くなります。
安くチキンミールを済ませるため、あらゆる動物を混入させそれを一度に作るものです。
なかには病原菌を持っているもの、薬剤が含まれているものがあっても、構いません。

 

チキンミールすべてが怖いわけではない

チキンミールとは

 

チキンミールの現状を知ると怖くなってしまいますが、ペットフードメーカーがきちんと管理し、良質なチキンミールを販売しているところもあります。
そのため、チキンミールと記載されていても、必ずしも怖い原材料というわけではないのです。

 

副産物不使用の説明がある

商品のパッケージにチキンミールとあっても、公式サイトの説明で副産物不使用の説明があれば、良質なチキンミールです。
副産物とは、羽や足などを使っていないという意味です。

 

自社工場でチキンミールを加工している

公式サイトで製造方法まで明記していれば、安心して食べられる可能性が高いです。
食材をしっかり管理していれば、病気の家畜や安楽死の動物が混入せず、良質なチキンミールが作ることができます。

 

価格が極端に安くない

値段でも判断することができます。
チキンミールと記載されていても、極端に安いものは危険性が高くなります。
基準でいえば、スーパーやホームセンターに売られている安価なキャットフードです。

 

4Dミールが含まれていない

原材料を見て4Dミールと記載されていれば、それは確実に悪質なチキンミールです。
チキンミールよりも4Dミールは品質が落ちてしまいます。
4Dミールとは死んだ家畜やひかれた動物などを含むもので、毛や足など人が食べない部位も含まれているものです。

 

心配になったらメーカーに聞いてみること

チキンミールとは

 

原材料にチキンミールが記載されているのは、理由があるためです。

・生肉を使うと水分が多く高たんぱく質にならない
・商品を安く提供するため

このような理由からです。

 

企業努力で良質なキャットフードを提供するよう頑張っているなら、チキンミールは良質な材料だといえるでしょう。

 

ピュリナワンに聞いてみた

ピュリナワンはチキンミールを使用しています。
安価なプレミアムフードとして販売されているため、ご存知の方もいるでしょう。

 

製造元に質問をしてみると、「骨や内臓を入れるためチキンミールを使っている」との回答でした。
羽や足などは入っていないそうで、ピュリナワンのチキンミールは良質だといえます。
猫の健康を守るため、骨を入れているそうです。

 

確かにピュリナワンの公式サイトには、「健康的な骨格と関節」をサポートしていると書かれていました。

 

手作り猫ごはんでも骨を入れますが、ピュリナワンは猫に必要な栄養素もちゃんと考えられているようです。
一方でフィッシュミールは、骨や内臓など丸ごと使っているとのこと。
猫は魚を丸ごと食べますから、問題はないといえそうです。

 

悪質なチキンミールだと明確な答えは返ってこない

直接メーカーに問い合わせてみて、明確な答えが返ってこなければ、悪質なチキンミールの可能性があります。
それか、メーカーはチキンミール製造方法を知らず、答えられないのでしょう。

 

page top